スターバックス リザーブ ロースタリー 東京【全フロア完全攻略】




こんにちは!グルメブロガーよこたんです。

皆さま楽しいGWを過ごしてますか〜?

私は今年のゴールデンウィークはどこにもいかず、東京でまったりと過ごし中(´ω`)

そんな平成も最終日となる今日…やっと行ってきたよ〜!

スターバックスリザーブ ロースタリー 東京に〜!!
(STARBUCKS RESERVE ROASTERY TOKYO)なんかカタカナより英語のがカッコいい気がする。

いや〜2月28のオープン以来、連日数千人待ちで待ち時間がエグいと聞き、全く行く気になれず…。

Twitter見てもいつもこんな感じ。

なんだかんだと先送りにしてましたがついに行ってきました。

というわけで
「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京とはいったいどんなスタバなのか」
「何時間待ちで入れるのか」

気になる人のためにまとめてみましたよ〜!

概要はいいからメニューが知りたいの〜!という人はこちらの記事へどうぞ!

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京のメニューを写真で紹介!

2019-04-30




スターバックスリ ザーブ ロースタリー 東京とは何なのか

まずスターバックス リザーブ ロースタリー 東京がなぜこんなに話題になっているのかよくわからない方、

普通のスタバとどう違うの?という方のために簡単に概要を説明しまっす。

2019年2月28日に中目黒にオープンしたスターバックス リザーブ ロースタリー 東京
は、

日本で初めての、そして世界で5番目の焙煎工場が併設されたスターバックスの高級版です!

スターバックス リザーブ ロースタリーの1号店は2014年のシアトルにオープン、その後2017年に上海、2018年にはミラノ、ニューヨークとオープンされてきました。

で、今回5店舗目にここ東京・中目黒が選ばれたというわけなんです。

今年はシカゴにもオープンが計画されていますが、スターバックスのCEO Kevin Johnson氏によると、

ひとまず6〜10店舗のスターバックス リザーブ ロースタリーをオープンして様子を見て、30店舗くらいまで拡大するか考える予定とのこと。

希少価値の高いスターバックスであること間違いなしなので世界で注目を集めているわけなんです。

見どころ

公式に発表されているスターバックス リザーブ ロースタリー 東京の見どころはこんな感じ。

建築家 隈研吾氏のデザイン

隈さんの建築は、沢山の木の柱を組み合わせてつくる日本の木造建築の技法を使ったデザインが特徴としていて、

南青山にある台湾のパイナップルケーキ屋さん「サニーヒルズ」など色んな店舗を手がけていらっしゃいます。

スターバックスとのコラボレーションはこれで2店舗目で、スターバックス リザーブ ロースタリー東京の前に、福岡県のスターバックス コーヒー 太宰府天満宮表参道店をデザインされていました。

国内最高峰のコーヒー体験!

世界中のコーヒーの焙煎と抽出を五感でフルに体験しつつ、マスターロースターとの会話なんかも楽しめちゃいます。

また飲み物はコーヒーだけでなくアルコールもあり、イタリア料理で有名なロッコ・プリンチ氏監修の焼きたてのフードやパンも取り扱っています。

まずは整理券をゲット

入店するには整理券が必要です。

店舗横にある整理券発券ブースで券をゲットしましょ。(一人一枚必要なので注意してね)

Airウェイトというリクルートの順番待ちシステムを利用していて、券に書かれたQRコードを読み込むとLINEもしくはメールで今あと何組待ちなのか確認できるので、順番を待つためにその場にいなくても大丈夫です。

何時間待ちで入れる?

わたしの場合、ゴールデンウィーク真っ只中の2019/4/30(火曜・祝日)朝9:40時点で約2時間待ちでした!

平日朝のオープンすぐであれば待ち時間15分とかで入店できると聞いてたんですが、

朝起きれず…。雨だしそんなに混んで無いかなと思ってましたがなめてましたね。。。

待ち時間の過ごし方

さて、まだ順番がくるまでXX時間ある!泣という方は、

期待値をギュンギュンに上げつつ、わくわく気分をもう少し楽しみましょ〜。笑

問題は整理券を発見してからどこで待つか。

整理券発券ブースはせいぜい30人くらいしか入れないのでその場で待つのはちょっとキツいかも。

おすすめは山手通りを渡ってすこし中目黒駅方面にもどったところにあるフレッシュネスバーガー中目黒店(8:00 open)。徒歩4分。

向かいにはミニストップもありました。

いやいや、カフェとかがいい!という方は

Streamer coffee company nakameguro(8:00 open)

もしくはSIDEWALK STAND NAKAMEGURO(9:00 open) ※数席しかないので注意

あたりがおすすめかな〜。

わたしは軽く朝ごはんが食べたかったのでフレッシュネスで待ちました。笑

携帯をいじりながら時々LINEをポチポチ。

う〜ん、残り34組になってからなかなか減らない〜!!泣

と思って気を抜いてたら…LINEが鳴りました。

ぎゃー!一定時間を過ぎるとキャンセル!?

それは困ると慌てて店舗へ向かう。

しかしそこにはまた行列!

さらに15分ほど待って、やっと呼ばれました!

「お店の前まで一列で移動してくださ〜い!」と警備員さんに誘導されながら入り口へ…。

スタッフの方がドアを開けてくれていよいよ入店!

1階 Starbucks Reserve(スターバックス リザーブ)

全4階建てのスターバックス リザーブ ロースタリー 東京。

入店してみるとめちゃ開放感があってコーヒーのいい香り!

1階には5つのコーナーがあります。

注文して会計まで結構並ぶこともあるので、買いたいモノがある方は時間配分要注意です。

・MAIN ROASTER
・MAIN BAR
・PRINCI BAKERY
・RETAIL AREA
・COFFEE SCOOPING BAR

MAIN ROASTER

入店してそのまま真っ直ぐ歩いたところに巨大な焙煎機があります!

これでなんと118kgの豆を焙煎できるとか。

シアトルのロースタリー工場で9ヵ月研修を受けてきたロースターさんたちがコンピューター制御されている焙煎機を管理しています。

時々お客さんに焙煎したてのコーヒー豆をわたしてくれます。

MAIN BAR

店内中央にはカウンターがでーん!とあります。

MAIN ROASTERで焙煎されたできたてのコーヒー豆がパイプを通って運ばれてきます。

ちなみにこにパイプはコーヒー豆が音を立てて運ばれることから「シンフォニーパイプ」と名付けられているそう。

もう一つ凄いのがこのコーヒーマシン「クローバー」。

蒸らしたコーヒーを真空状態で一気に吸い込む、バキューム・プレスという抽出方法が特徴。

70ミクロンという金属フィルターを使っていて、紙のフィルターの場合は吸い込まれてしまうようなコーヒーの油分も含めて、

コーヒーのコクや香りをがっちりキャッチして濃縮したコーヒーを全自動で作ってくれるハイパーなマシンでございます。

わたしはクローバーの前に陣取ってフィルターが上下する様子をジト見してましたが、なんだか未来的でかっこよかったです笑

PRINCI BAKERY

Princi(プリンチ)は、1980年代にミラノにオープンしたイタリアンベーカリーで、創業者のRocco Princi氏が開発したパンやコルネなどが食べられます!

この店舗が日本初出店ということでここも見逃せません。

RETAIL AREA

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京限定のタンブラーやマグカップなどのグッズが買えるコーナー。

TYOとかかれた東京限定のタンブラーたちがズラッとならんでます。

ギラついてるカップも笑

酒樽デザインのキャニスター(入れ物)。

同じく中目黒に店舗を構えるわたしが大好きなカステラ、福砂屋とのコラボ限定商品。

変わったところではけん玉なんかもありました。

限定グッズはネットで売られてます

東京までなかなか来れない…せめて限定グッズやコーヒー豆が欲しい!

って人はメルカリとかにも多数出品されてるのでチェックしてみると良いです。

中目黒限定のグッズだけあって、結構高い値段がついてたりもするので、極力安く買いたい人はオークファンなどのサイトで相場を確認してみましょう。

COFFEE SCOOPING BAR

コーヒー豆が買えるゾーン。スタッフさんと相談しつつ好みのコーヒー豆を選びましょ〜!

2階 TEAVANA(ティバーナ)

ここはコーヒーではなくお茶のフロアで、3つのコーナーがあります。

・TEAVANA BAR
・TEA SCOOPING BAR
・RETAIL AREA

TEAVANA BAR

美味しいお茶が飲めるカウンター。スタッフさんが丁寧にお茶を淹れてくれます。

今回はお茶っていう気分じゃなかったので飲まず。

TEA SCOOPING BAR

持ち帰り用お茶コーナー。香りをかぎながらお茶が選べるようになっています。

RETAIL AREA

ここにもカップなどのグッズがおいてあります。

2階にあがる踊り場のところから壁にカップが綺麗にはめ込まれているアートがあり、ちょっとしたフォトスポットと化しています。笑

3階 ARRIVIAMO BAR(アリビアーモバー)

ここは4つのコーナーにわかれています。

・ARRIVIAMO BAR
・STARBUCKS RESERVE COLD BREW BAR
・MICRO ROASTER
・TERRACE

3階階段付近にはまたアート!壁一面にコーヒー豆のブランドカードが並んでます。

とてもカラフルでここも写真を撮りまくる女子を多数目撃!

ARRIVIAMO BAR

ここはビールやカクテルなどのアルコールが楽しめるバー。

このカウンターの中にも焙煎されたコーヒー豆が運ばれてきてる! なんとコーヒーを使ったカクテルもあるんです。

STARBUCKS RESERVE COLD BREW BAR

水だしコーヒーが飲めるカウンター。(写真撮りそこねた)

アリビアーモバーでいただけるカクテルもここで注文できます。

MICRO ROASTER

1階のロースターとくらべて1/3くらいのサイズのロースターがあります。

TERRACE

天気がいい日はお昼から目黒川を眺めつつビールを一杯なんてこともできちゃうテラス。

今日は雨だったからか、テラス席が結構空いててびっくり。

これから毎年お花見の時期は混むんだろうなぁ…笑

4階 AMU INSPIRATION / LOUNGE(アム インスピレーション / ラウンジ)

イベントやワークショップなどが行われるフロア。

1階まで吹き抜けになっているので下まで見下ろせて気持ちが良いです。

コーヒーキャスクや桜の花のデザインの装飾が間近で見られます。

キャスクは日本の伝統的な鎚目加工が施されてるんですけど、これ関係者全員で手打ちして作ったそうです。スゴイ。

COFFEE PACK LINE

袋詰されていくコーヒー豆の様子が見れます。

ベルトコンベアーで運ばれていく袋はザ・工場! しかもそれを目の前にしながらコーヒーが飲めます笑

あとは写真撮りそこねちゃったんですが、この階にもテラス席があります。

そんな感じで、1階〜4階の見学だけで軽く1時間以上はかかっちゃうほど見応えたっぷりでした!

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京への行き方

スターバックスリザーブロースタリー トーキョーは中目黒駅から徒歩11分、目黒区青葉台の目黒川沿いを歩いていったところにあります。

敷地面積1200㎡とかなり大きいお店で、入口前には人がわちゃわちゃいるので川沿いを歩いているとすぐ見つけられると思います。

なんやかんやで待ち時間が2時間、入店してから3時間くらい店舗にいました。

まさか半日スタバで過ごすことになるとは笑

時間に余裕を持って贅沢なスタバ体験を満喫してきてください〜!

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京
〒153-0042 東京都目黒区青葉台2丁目19−23
7:00~23:00(不定休)
03-6417-0202

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京のメニューを写真で紹介!

2019-04-30