LE TIMBRE POSTE(crêpe/Tours|クレープ屋/トゥール)




こんにちは、世界を食べ歩くグルメブロガーよこたんです!

フランスに留学して初めてのクレープはトゥールのLA TIMBRE POSTEで食べました。

店名のTIMBREは「切手」POSTEは「郵便局」。

そう、郵便切手っていう意味です(笑)

ちなみに発音ですが、imは「アン」

rはうがいしてる時みたいに喉奥をこすらせて鳴らしながら口をすぼめて「ウ」って言う感じですね。

eは発音しないから「クフゥ」とか「フゥ」って聞こえます。

よって無理やりカタカナで書くと「ル タンブフゥ ポストゥ」となります。

最近フランス語の発音をわすれつつあるので復習してみました。




郵便切手アートが楽しめるクレープ屋さん

石畳の通りにあって、こんな感じの外観です。

通ってた語学学校にも近くて、友達とお昼を食べに行ってました。

風が強くて寒かったので慌てて店内へ。

LE TIMBRE POSTEはね、店内がめっちゃ可愛いの。

古い切手が絵として沢山飾られてるんです。

切手収集とかしてる人は行ってみると楽しいかもだね。

結構照明も落としてある感じで(時間はお昼どき)ゆっくりご飯が食べられる感じ。

1人で本読んでる人がいたり、

カップルらしき人達は声をひそめておしゃべりしてる。

私達は最初結構うるさくしてたけど、つられてちょっと小声になる。

日本だとクレープって、原宿の竹下通りで学生が食べるおやつのイメージがある気がするんだけど、フランスだと日常的に食べるものなんだよね。

甘いクレープはもちろんのこと、ガレット(そば粉で作る、「ご飯」として食べるクレープ)もある。

だからこういう落ち着いた雰囲気でも違和感がないんでしょうね。

日本でいうとなんだろう…焼きそばかな〜?

甘い焼きそばは無いけど(笑)

クレープはオーダーしやすい

フランス留学にきてまだレストラン入るのに抵抗があるならクレープ屋さんがおすすめ!

適当に頼んでもよくわからないものが来る可能性が低いし、クレープだと使われる材料も大抵決まってくるので味もそんなにハズれることがないんじゃないかなぁ。

LE TIMBRE POSTEのメニューはこんな感じ。

1,500円くらいのランチセットがあります。

ガレットもしくはサラダに、甘いクレープとかアイスクリーム(シャーベット)、食後にはコーヒーも付いてきます。

結構ボリュームたっぷりのお得なセット!

私は卵とハムのガレットにした。

レタスに、オリーブも散らしてある。

クレープはバターにお砂糖。

シンプルで全くインスタ映えしないけど美味しい、私の大好きな組み合わせ。

食後はエスプレッソで〆。

添えてあるショコラも美味だったなぁ。

店員さんもsympa(感じが良い)だった。

フランス留学や旅行でトゥールにきたら是非行ってみてね。

LE TIMBRE POSTE

12 Rue de Châteauneuf, 37000 Tours, France

fermé dimanche et lundi(日・月定休)

+33 2 47 64 84 14