祝!受動喫煙防止条例案成立




わたし年々タバコ嫌いになってるのでめっちゃうれしいです。

いままで美味しいレストランにいっても、たばこが吸えるお店で煙がきちゃうようなつくりになってると足が遠のいちゃってました。

でもこれからはそんなこと気にしなくていいんですね!(歓喜)

iQOSの登場でだいぶ受動喫煙することはなくなったなあって感じてたけど、あの芋っぽい臭いすら最近は駄目になってきてました。

だってレストランでの食事って五感で楽しむものじゃないですか。

目で見て、香りをかいで、食べた時の音、食感、そして味。

この香りを邪魔されるのがすごい嫌なんです。ワイン飲めるとこでタバコ吸えたりするともう最悪ですね。

都の約84%のレストランが対象になるってことなのでこれからはタバコのこと考えなくてもお店選びができると思うとわくわくしてきます。

売上が減りそうで困る!って思ってるお店も多いと思うけど、世界では屋内禁煙が常識。

これからどんどん海外からの観光客がくるっていうのに、お客さんとりこぼしますよ。

メニューの英語化対応も早めにやったもんがちだと思う。

完全禁煙になったら、口さみしさにタバコ…じゃなくてもう一杯おかわり!ってなるかもしれないし、タバコが吸える屋外はプラス料金とかやりようはあるんじゃないかなぁ?

喫煙者の人ももう一生吸えなくなるわけでもあるまいし、あまり悲観的になる必要なし!

そもそもヘロイン並に依存性が高くて、1本でも子供が誤飲したら死ぬような毒性があるものと普通に接しちゃってることがどうかと思うし、むしろこれを機会に禁煙してほしいw

禁煙したら、お財布にやさしい・イライラしない・味や臭いに敏感になってごはんがより楽しめるようになる・健康的になる。

ほら、良いことしかないです。

喫煙所で生まれるコミュニケーションが大切!って言う人もいるけど、上記のメリットとそのコミュニケーションの内容は比にならないのでは?

段階的に施行されていって、2020年4月のパラリンピックまでに完全施行とのことなので楽しみです♪