脱サラしたいあなたへ伝えたいこと




いま脱サラしたいと思ってるあなた、怖いですか?

あんしんしてください。
最初は怖いだろうけど、きっとこの記事を読み終わる頃には大丈夫って思えますw

わたしは去年10年以上勤めていた大手IT企業を退職しました。

そろそろ1年がたつので、脱サラしようと思ったきっかけやしたあとの心境の変化をまとめてみました。

いま悩んでる人はささっと読んでみてくれるとうれしいです。




想像していた大人になれてない

わたしは新卒で某大手IT会社に入社しました。

ITバブルはじけるくらいまではイケイケドンドン(死語)で働いてたんですよ。

自分は最先端の業界にいる、という謎の誇りみたいなものがありました。

他の業界と比べて給料もいいし同期は個性的で刺激しあえる。

すごくいい波にのっているな〜って思ってたんですよね。

でも実際は、波に流されてるだけで。

手で波をかいてもないしボードの上にたちあがってもない。
自力で積極的になにかしようとしてこなかったんですよね。

要領はわるくないほうだから、毎日の仕事をこなせるスキルはついたけど、ただそれだけ。

あれ?? 自分が想像してた「オトナ」と違う。無個性、凡人。自分のことをそんなふうに感じるようになっちゃって。

3年目過ぎたあたりから同期が辞めだしました。

4年目…5年目…一人二人と辞めていく。

フリーランスになって企業する人たちもいるなかで、ずっとこの会社で働けないかもって思い始めました。

何年たってもかわりばえしない給料へのストレス。

時には自分を殺して過ごさなきゃいけないことへのストレス。

でもその時間を選択をしているのは自分なんだという自分へのいらだち。

そういったものが自分のコップの中に少しずつ溜まっていって、ついに溢れてしまいました。

とりあえず会社を辞めてみた

だから勢いで会社やめました。

もともとわたしは夏休みの宿題に31日まで手つけられないタイプ。
会社辞めたら食べていけなくなるから、何かせざるを得なくなるかなと思ってw

一応、直属の上司には半年前くらいから伝えてたけど、同僚からみたら急にやめた人みたいに思われたかもしれない。

まあいまから考えると人からどう思われるとか本当気にしなくていいと思う。
実際そんなにみんな他人に興味ない。

最後の数ヶ月間くらいは仕事楽しいと思うときもありました。

自分の好きなことにフォーカスしていきたいという気持ちが強くなってたからかなあ…。

今の御時世、そう簡単に死にはしないので本当サクッと辞めてもいいと思います。

実家あるひとは死にそうだったら帰ればいいし、それなりに貯金あれば1年くらいは暮らせるし。

世界一周とかしたい人は物価安い国いったらかなり長いこと過ごせるんじゃない?

毎日同じ仕事してるより人間的にいろんなスキルがLVアップしてると思うんだけど。

あんまりそういうふうに考える人いないのかな。

まあ、まだ収入が安定してないからあんまり偉そうなことは言えないんですけど。

とりあえずもがいてみたら道が見えてくるんじゃないかなあ、そんな気持ちで辞めました。

会社を辞めるということ

辞めてしばらくは孤独と戦ってました。今までは平日ずっと会社にいたわけで、友達と会うっていっても夜になるし、習い事とかもしてない。

ほぼ家にひきこもってましたね。

だからこれから会社辞める人は、社外にコミュニティーを作ることをおすすめします。

社畜で趣味もなく内向的な人は要注意。

貧乏でも生きてけるけど、孤独だといきていけないです。

お母さんが赤ちゃんに対して、無視したり無表情で接していると、赤ちゃんってギャン泣きしたり、最悪死にます。
(心理学者ルネ・スピッツが第二次世界大戦後に生き残った孤児に対してこのような実験をしたそうです)

学校や会社という組織に属していないというのがはじめての経験になるから、もうそれだけでストレスなんだよね。

自分は何者でもない、つまらない人間なんだ…みたいなくだらないこと考えて無力感と戦ってました。

朝起きても喋る人いないし。つまんない。

何時に起きるもの自由、寝る時間も自由。

でも夕方に起きたり、ただ単にゲームして終わった日とか本当鬱になるw

明日こそは早起きして走る〜!とか思ってもまた二度寝しちゃったりとか。本当自己嫌悪。

自由って大変。自由とひきかえにものすごいパワーの自己管理が求められるってことを学んだよね。

会社辞めたら起きた5つの変化

留学したので海外に友達ができた
いろんな国に友達ができました。これはすごい嬉しい。いつか友達の国にも遊びいきたい!

社外に友達ができた
東京でもフランス語の学校に通っていたのでそこで友達ができました。留学中に遊んだりもしました♪

新しい価値観を手に入れた
フランス人のマイペース加減すごい。日本はサービス精神が旺盛だし、みんな清潔。
長期間すごすことで前よりも人のマイペースさを許せるようになった。
トイレにウォシュレットないのは慣れるの大変だったけど、レストランでおしぼりがないとか愛想がないとかそういうのも平気になった。
「ふつう」って言葉が嫌いになった。だって、日本のふつうは「世界のふつう」じゃないから。ふつうなんてものは無いのです。

フランス語の日常会話ができるようになった
オーラル中心に学べる素晴らしい学校と出会えたので、フランス人に「フランス語しゃべれるの? 上手だね」とかって言ってもらえるくらいにはなりました。
英語圏の友達もできたから英語もちょっと強化された。

自分を律する力が強化された
一番嬉しかったのはこれ。

これはまだ努力中だけど、夕方まで寝てるとかってことはほぼ無くなりましたw

この記事をゴロ寝で読んでるそこのあなた、安心してそのままダラダラ過ごす日々を続けてください。

超ぐうたらな性格の私ですが1000%断言します。そんな生活は飽きます!というかまず身体が持ちません。

寝っぱなしだと腰も痛くなってくるし、ごはんや水分を取らないとフラフラします。

体調に支障をきたしてくるんですよw

わたしも実際2回貧血になり、トイレで倒れました。

そんでそんな自分が嫌になりましたw

どれもこれも自分の選択、自分の心地よいように過ごしたらいいんです。

何をするべきかじゃなくて「自分は今日何をしたいか」にフォーカスするほうが精神衛生上いいです。

ゲームしたいならしたらいいし。結果追い込まれてもそれは自己責任。

ぐうたら脱出したい人におすすめなのは「図書館で本借りる」です。

本で知識が身につくし、期限があるから貧乏性の人は起きて読まざるを得ないw

あと、外に出ざるを得ないw

はじめて図書館に行くときだけちょっとパワーいると思うけど試してみてください。

そうそう、身体を動かしたり笑うと、元気がでてきます。

長くなったけど最後に、毎日ポジティブに生きてればなんとかなるので、脱サラしようか悩んでる人はとりあえず辞めるのもありかもですよ。

毎日を丁寧に生きてるな〜って感覚が得られるよ〜〜! 

辞めるのも自由、辞めないのも自由。

でも、今の自分や環境を決めてるのは全部自分だってことは忘れないでね。