レシピ:チャーハンをパラパラにする5つのポイント!




こんにちは!

炒飯をパラパラにすることに命をかけているよこたんです(笑)

今日はパラパラなチャーハンを作るためのコツをお伝えします。

いつもべちゃっとした炒飯になっちゃう方は必見ですよ!

時間がない方はツイートをどうぞ。

もう少し詳しく知りたい方は引き続きどうぞ↓




ポイント1 ごはんを冷ます

そもそもチャーハンがべちゃっとしてしまう最大の原因はご飯の水分!

炊きたてのごはん使おうとしてません?

湯気がでてるようなあったかいごはんはだめだよ!

絶対フライパンにくっつくから!

冷やご飯を使うか、あったかいごはんを使うときは湯気が見えなくなる程度に冷まして使ってください。

ポイント2 きっちり下準備する

ごはんが冷めて入ればあとは手際の問題です。

油はすぐフライパンにいれられますか?

ごはんは冷めてますか?

卵はといてある状態、焼豚やねぎはみじんぎりの状態ですか?

全部すぐつかえるようにスタンバイさせておきましょう!

ポイント3 具は事前に炒める!

フライパンにごま油を大さじ1/2引いて中火で熱します。

卵以外の具材を入れて炒めて軽く塩こしょうをして取り出しておけば準備OK。

具を先に炒めておくのには2つ理由があります。

ひとつはたまごをふわっと仕上げるため。

たまごはすぐ火が入りますが、具はもう少し時間がかかります。

その時間差を埋めてあげましょ。

ふたつめの理由はポイント4で説明します。

ポイント4 たまごと具でご飯をサンドイッチする!

具を炒めたフライパンをかるく拭いたらごま油大さじ1/2を足して強火で熱し、溶き卵を入れます。

溶き卵がぶわ〜っとぶくぶくしてきたらごはんを加えます。
(溶き卵を入れた時たまごがぶわっと膨らまないようであれば火力が弱いので強めましょー)

間髪いれず具材も入れます!
(たまご→ごはん→具まで5秒くらいのスピード感)

そうすると、ポイント3で炒めておいた具に馴染んでいる油分と、たまごによってご飯がサンドイッチ状態になりますよね?

これによりご飯がフライパンに直接くっつかず、コーティングされた状態をつくりだすことができます!

ポイント5 パラっとなるまで手早く炒める!

ポイント4ですべての具材がフライパンに入っている状態になったら、手早く炒めましょう!

だんだんとごはんがパラっとなります!

でも長々と炒めていると「パラっと」が「パサッと」してくるので注意しましょう(笑)

具がよく混ざったら塩こしょうで味を整えて完成です!

うーん我ながらナイスなパラパラ具合でうれしい…!

今回は自家製チャーシューと自家製ねぎ油を使ってみたこともあり、なんか達成感がすごい(笑)

チャーハンをパラパラにするのは意外と本当に簡単です!

ポイント4のごはんが卵と油がまわった具で挟まれることでコーティングされるのが最大のポイントなので、みなさんもぜひトライしてみてくださいー!