レシピ:ビーフステーキゴルゴンゾーラソース




グルメブロガーよこたんです。

今日はビーフステーキゴルゾンゾーラソースのレシピをご紹介します!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。




ビーフステーキゴルゴンゾーラソース

材料(2人分)

牛肉(ステーキ用)200g2枚
クレソン適宜
オリーブオイル大さじ1
ゴルゴンゾーラ30g
牛乳100ml

作り方

1.牛肉は焼く30分前には冷蔵庫から出し、常温に戻しておく。クレソンは洗って水気をきる。

2.牛肉にオリーブオイルをなじませ、強火で熱したフライパンにいれる。ひっくり返しながら2分程度ずつ焼き、表面全体に焼き色つける。
美味しそうな焼き色がついたら取り出してアルミホイルで包み、焼いた時間だけ休ませておく。

3.一度フライパンを綺麗にし、ゴルゴンゾーラと牛乳をいれてよく混ぜながら弱火で熱してとろみがあるソースをつくる。ひと口大に切った牛肉にソースをかけ、クレソンを添える。

ポイント

ゴルゴンゾーラならフルボディのワインにも負けない味になるよ!

ゴルゴンゾーラは少し癖があるので好みがわかれるかもしれないけど、しっかりした味なのでお肉とあわせても負けまへん。

フルボディのワインと合わせても対等に戦える(!?)のであらかじめ重いワイン飲むってわかってる時には良いと思いますよ。

あと、ゴルゴンゾーラにはドルチェとピカンテがありますが「ピカンテ」を使ってください。

↓違いがよくわからない方はこのレシピを読んでね↓

レシピ:マッシュルームのブルーチーズ焼き

2018-09-18

お肉は極厚を使おう

ステーキを焼くときはケチケチせずに極厚のお肉を選びませう!
あんまりにもお肉に厚みがないと、すぐに火が入っちゃって固くなってしまいます。

理想は5cm。スーパーではよく「極厚」シールが貼られて売られてます。

常温に戻してから焼いて、アルミホイルで寝かせれば中まであたたかく、レアに仕上げられますよ〜!

大体5回くらい焼けば焼き加減の感覚がつかめると思います。好みの甘さになるよう加減してみてね〜。

おすすめのワイン

このレシピはただいま南アフリカのワインを販売しているLekker Africa(ラッカ アフリカ)さんでもご紹介しています。

ラッカさんではワインについてのコメントとレシピを寄稿させてもらっているのですが、このレシピに合わせるワインとしてクラインザルゼヴィンヤードセレクション・カベルネ・ソーヴィニョン(赤)をおすすめしています。

リッチでレーズンのような果実味と土やタバコ、カシスなどの香りがあり、非常にバランスがとれています。ボルドーワインを彷彿とさせる仕上がりで、試飲会では誰もが予想価格を裏切られました!

南アフリカワインについては下記で簡単に解説しているので、興味がある人は読んでみてください♪